So-net無料ブログ作成

短期間で10キロ以上のダイエットは危ない

 現在、妊娠を望むカップルの8組に1組が不妊だといわれており、その数字は年々増加傾向にある。そこで不妊治療専門の『はらメディカルクリニック』院長の原利夫先生が教える、「不妊にならないために、女性が今からできること」を一部紹介しよう。

1:「婦人科検診を受ける」 
子宮内膜症や子宮筋腫は不妊の原因になりやすいので、まずは婦人科検診を。また、女性の場合はクラミジアなどの性感染症を治療せずに放置すると、不妊の要因となることもある。

2:「過度のダイエットを避ける」
不妊に悩む女性の約1割は、やせすぎか肥満が原因であるといわれている。特に短期間で10キロ以上体重を減らす過度なダイエットを経験した人は、ホルモンバランスがくずれ、月経の周期が乱れたり、早期閉経のおそれも!

3:「冷えに注意する」
真夏でも腰や手足が冷たいという極度の冷え性の人は要注意。特に骨盤内の血行がよくないと、代謝障害や排卵障害、月経不順を招くおそれがあるので、下半身を冷やす露出度の高い服装などは極力控えよう。

 その他、喫煙を控える、不規則な生活をやめるなども。若いからといって油断は禁物。将来ママになりたいなら、ぜひ今から検診と生活習慣の見直しを!さらに不妊の原因は男女、同じ割合であるといわれているため、不妊かどうかは、パートナーと一緒にチェックすることが大切だ。



[MORE記事]より



 減量の必要なボクサーや役作りの俳優でもあるまいし、短期間での減量が身体に良いはずがありません。特に夫婦間の不妊というデリケートな問題には、身体に悪影響を及ぼすような行動は慎むべきですね。


2011-03-05 16:15  nice!(0) 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。